キッチンで節約

キッチンで節約

ガス代を節約するに当たって目に見えてガスを使っていると実感できるのが、キッチンのコンロではないでしょうか。コンロでのガス代を節約しようとした場合に、どのような方法が浮かびますか。

まず、単純になんでもかんでも強火にせずに適度な火力を使用する方法が、浮かぶのではないでしょうか。鍋やフライパン、やかんをコンロの火にかける際には、それぞれの底から火がはみ出さないようにすることで節約になります。はみ出している火は熱するものがなく、無駄にガスを消費しているだけになってしまいます。はみ出した火が横の面からも熱しているように感じる方もいるかもしれませんが、ほとんどのエネルギーが逃げており、効果はありません。また、底からはみ出さない事に関連して、熱する場合には底の面積の広い鍋等を使用する方が、ガスを使用する時間が短時間で済むので、節約には効果的です。

そして、ガスの火加減だけでなく、調理器具の方でも節約の工夫は可能です。例えば、圧力鍋などです。圧力鍋を使用する事で、長時間火を点けっぱなしにしなくても、余熱を利用しての調理が可能になります。これも立派なガス代節約の役目を果たします。また、同じような効果を狙う方法として、湯などを沸かすという場合には、蓋を閉めるという事も効果的ですし、煮物などでしたら、落し蓋というのも熱を逃がさない効果があるため、ダンスと年齢につながります。

さらに、ちょっとして工夫としては調理する前の鍋や、やかんなどの外側が濡れて水気がついていると、乾くまでに熱を消費してしまう為、しっかりと外側をふきとってから使用するという、ちょっとしたことも節約につながります。

ひとつひとつはちょっとした事かもしれませんが、ガス代の節約に、出来る事からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。